HOME > ビル・マンション管理会社、管理組合様へ > 地上デジタル放送とは

地上デジタル放送とは

2011年7月24日以降、すべてのテレビ放送をデジタル化することを国が進めています。これにより、テレビの高画質・高音質化や、将来的にはテレビ番組の多チャンネル化、さらには双方向によるテレビ参加型番組の登場などが考えられます。

地上デジタル放送を視聴するには

マンションやビルでは、建物の屋上の既設UHFアンテナをデジタル対応アンテナに交換し、ブースターやTV機器の取り替え、調整を行います。視聴者は、地上デジタル放送対応のテレビを購入するか、現在のテレビのまま地デジ対応チューナーやレコーダ等を購入することで、地上デジタル放送をご覧になれます。
※地上デジタルチューナーやレコーダと既存のテレビと接続する場合、テレビがハイビジョン対応でなければ、標準映像になります。

視聴に必要な機器

※CATVが来ている場合は、一般的には改修工事は不要となります。
ただし、機器が対応していない場合や、BS放送を変換している特別なシステムの場合は視聴できませんので、ケーブル会社またはメンテナンス会社にご相談ください。

デジタル放送の特長

デジタル放送に移行することで、テレビ電波障害が全くなくなるわけではありません。しかし、従来のアナログ電波に比べると、電波障害も大幅に軽減させることが可能です。

【メリット】
高画質
デジタルハイビジョンの高画質番組も放送されます。
高音質
CD並の幅広い音域を持った音声での放送が可能となります。また5.1chサラウンドの番組では、対応機器を用意すれば、立体的で臨場感ある音声が楽しめます。
データ放送
テレビ放送の他にデータ放送などが数多く放送されます。暮らしに役立つ便利情報をリモコン操作で取得できます。
多機能
クイズやリクエストなどで番組に参加できる双方向サービスが提供されます。

お気軽にご連絡ください。

総合アンテナ設備株式会社では、地上デジタル改修工事に伴い、デジタルBS/CSの受信システムの施工も行っています。お気軽にお問い合わせください。

ビル・マンション管理会社・管理組合様へ



ページの先頭へ

Copyright (R) 2007. Sogo Antenna Setsubi Co., Ltd. All Rights Reserved.